室対策に家賃を下げようか、お悩み中ですか?チョット待った👋

・築年数が古くて、人気がない…..。

・一階のお部屋は、不人気で空室続き…..。

・インターネットやケーブルテレビ、経費を負担するのはチョット…..。

そして、待てど暮らせど、満室にほど遠い日々…..。

「だったら家賃を下げよう!」

そう、お考え中のオーナー様。

チョット、待って!

今のお家賃を、少し上げてみませんか?

築年数が古くても、一階のお部屋でも、インターネットが無くても、ご年配の方なら、どうでしょう?

シャワーもウォッシュレット付きトイレも無い時代に生まれ、畳みの部屋で育った方は、最新式を求めていません。

特に女性に不人気の一階のお部屋、階段がないのはご年配の方に優しいです。

そうなるとインターネットは…..?

わたしの会社では、家賃を下げて貸すでは無く、違う方法でお貸しすることを、ご提案させて頂きます。

現在、4人に1人が65歳という”超高齢化社会”を迎えています。

今後も早いスピードで進み、40年後には、2.5人に1人が高齢者と呼ばれるようになります。

そう言うわたしも、その頃は高齢者と呼ばれるようになっていますので、他人事ではありません(汗)

オーナー様。

このまま、入居者を選び続けていると、少子高齢社会の影響で空室は埋まるどころか…..。…..。

だからと言って、高齢者の方にお部屋を貸すことは、リスクと不安がありますよね?

そこで、65歳以上の入居希望の方には”見守りサービス”を条件にお部屋をお貸しする。

通常のお家賃に+見守りサービスをお付けすることで、無駄な経費とリスクを回避しながら、空室対策をする。

お家賃を下げる前に、一度検討してみてはいかがでしょうか?

見守りサービスについて、まずは知って頂くために、無料で簡易パンフレットを、ご送付させて頂くことも出来ます。

その際、しつこい営業など一切致しません!

ご検討頂ける、長崎市内のオーナー様。

資料請求はコチラから➡➡➡コチラ

~担当 相田 準之助~

長崎市 ダイヤランドにある フリーダム南長崎 で施設長就任中、ご入居様より、不動産の相談を受けるようになる。このことをきっかけに、不動産賃貸や売買の勉強を開始。その後、高齢者福祉に強い不動産屋として現在に至る。

宅地建物取引士(長崎)第007046号

ヘルパー2級