単に安否確認用の機器を使うだけでは意味がない!?

・安否確認機器は沢山売っているから、自分で管理、みまもりが出来ます。

・安心だし、大手企業の緊急通報装置を利用したい。

~そう思われているご家族の方へ~

異変に気付いた時はどうすると思いますか?

先ずは、連絡がとれるまで電話する。それでも安否確認できない時は?

・外出中かな?

・こんな時は警察に電話していいの?

・119番した方がいいの?

・近所の人にお願いしたいけど連絡先は分からない??

・転倒して緊急通報装置のボタンが押せないのかな?

??ばかりが増えてしまってますね

近所にお住まいでしたら、そもそもこのような機器は不要です!!

~ご両親の声~

・近所に子供が住んではいるが、それぞれ仕事と家庭で迷惑をかけれない

・子供はいるが離れている。。

・頼れる子供がいない。。

不安はありますが、それでも住みなれた街で・自宅で、安心して自立した生活をしたい。

生死を確認するだけなら、センサーなどの安否確認機器を使用すれば良いですね。

でも健康寿命を延ばし、出来る限り住み馴れた街で自立した生活を送りたい。

見守り機器は分析力が重要です!!

例えば就寝時間帯に、”通常よりも、トイレの回数が増えているデータ”がある場合

動きがあるから無事でよかった♪

✋だけでは終わりません!!

睡眠時間が足りていない??

転倒のリスクが上がります➡骨折➡要介護状態

もちろん室内での転倒はあります。

しかしデータをもとに予防する事は可能です。上記のような場合は、翌朝確認後、電話連絡をします。

睡眠時間や体調をヒヤリングし病院受診を提案したり、必要に応じ、提携先の訪問看護ステーションより看護師をお伺いさせます。

連絡が取れない場合は、駆け付けて様子を確認させていただきます。

すでに転倒などの事故が起きている可能性があるからです。

事故はおきます。100%防ぐことは出来ませんが、いかに早く対応できるか。が、その後の生活に大きく影響します。

健康寿命を延ばす

これが私たちが考える当社独自の包括的な安否確認サービスです。

ご契約の流れ

STEP.1
電話相談

お電話にてご相談をいただいた後、申込書を送付いたしますので、ご記入いただきます。

STEP.2

ご自宅訪問

生活状況のヒヤリング等、面談を行います。

STEP.3

必要なサービスの確認

安否確認サービス及び詳細なサービスの確認、ご提案をさせていただきます。

STEP.4

契約完了

契約完了、サービス開始となります。

 

月額料金やプランについては

➡➡➡コチラから

先ずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから